無職な中年チェリヲの、人生の冒険譚

中年チェリヲが無職になって人生を変えようと奮闘する日記

無職を決意したきっかけ。

ゆるゆるな気持ちからだったが、無職計画始動は約3年前。

 

しかし、仕事以外で安定した収入も得られていなかったので、本気で無職になる決意はなかなか出来ない状況が続いていた。

 

宝くじで一発当てようなんて考えの時点で破たんしている。

 

前回の記事で書いたが、1年ほど前に思わぬところから資金が出来た。

しかし、チェリーボーイで中年の私は、このお金を使う相手もいないし、欲しいものはほぼ購入済みなので特に使うあてもなかった。

 

そうとなれば、一攫千金を目指して、「投資」に手を出してみることにした。

 

以前から興味はあったのだが、会社の同僚が震災時に一瞬で50万飛んだ話を聞いたことや、口座開設等の面倒臭さから敬遠していた。

しかし、物は試し、どうせ使いこともないし、100万くらいは諦めようと覚悟して株、FXに手を出した。

 

最初の3か月。

軽く株の本を読んだ程度で、儲けられそうな気持ちが強くなり、特に情報など調べずチャートだけで上がりそうな会社の株を購入した。

FXもチャートだけみて、動きそうなタイミングで取引をする。

 

見事、ほぼすべて逆の動きを見せてあっという間にマイナス10万。

 

マイナスからのスタートはすぐに心が折れた。

マイナスで売れない株だけ残し、1か月程度取引はしなかった。

 

その後、ようやく気持ちが入れ替わり、ひとまず株には手をつけず、FX一本で試してみることにした。

動きそうなタイミングなどはいくつかのサイトから情報収集し、小さい額でチビチビと決済を積み重ね、どういう時にどのような動きをするか、リスクを最小限に稼ぐ方法などを学んでいく。

 

経験が多くなればなるほど、稼ぎも順調に増えていき、半年前ほどから会社を辞めても生活できるレベルには達することが出来た。

 

ただ、その時点では、まだ会社を辞める決意はなかった。

仕事をしながらしばらく稼ぐ予定だった。

 

 

4か月ほど前に父親が心臓病(狭窄症)で入院し、心臓の手術をすることになった。

 

入院当日も元気にバトミントンをしていたらしいのだが、運動後の心臓の痛みが酷く、病院にいったらすでに心筋梗塞がいつ起きてもおかしくない状態だったとのこと。

 

後日、8時間以上に及ぶ心臓の手術を行い、無事成功。

基本的には、普通の生活に戻ることが可能とのことで安心していた。

 

しかし、1か月後の検査で「癌」が発覚した。

 

入院前や退院後も、普通に元気そうな生活をしていただけに、人生はいつ何があるか分からないものと悟った。

 

私も、いつ同じことが起きてもおかしくないわけだし、このまま好きでもない仕事を続けることに意味があるのかと考えるようになった。

 

会社を辞めた場合、現在より年収は下がるだろうが、幸いにも困らない程度に生活基盤を整えられる状況にはなっている。

 

年齢が上がるにつれて病気や老化によって何もできなくなるリスクは増加する。

決断するのは早い方がいい。

 

好きなことを見つけて、一生楽しんで過ごす。

悔いのない人生を送って潔く死ぬ。

 

無職でもチェリーボーイでもいいじゃない。

その肩書が逆に潔く気持ちを切り替えられる。

 

そういうこと。

 

 

きっかけとしてはよくあるベタな話だが、実際に自分がその立場になると、他人が思うよりも深く実感するものです。

 

無職になるための計画。 生活基盤を固める方法。

仕事を辞めて好きなことをして自由に暮らせたらなぁ。

恐らく誰もが一度は考えたことがあるだろう。

 

私もそんなことを考え始めたのは3年ほど前。

最初はただの夢物語だった。

 

当初は、今の目的である「好きなことを仕事にする」といった考えもなく、

ただのニートへの憧れだ。どうしようもない。

 

しかし、当たり前な話だが

そんな考えが通用するほど人生そんなに甘いわけもないと分かっているし、

会社を辞めて無収入になる勇気などあるわけがない。

 

ただ、行動を起こさないと結局何も始まらない。

 

こんな甘ったれた考え方がきっかけだったが、

自分の無職になる計画はそこから始動することになった。

 

最初の動機はどうあれ、

やるからには考えなくてはならないことは多い。

 

・いかにして生活基盤を固めるか (最重要)

  ・無職で収入を得る方法の確立

  ・家賃、食費、光熱費、税金など、生活に欠かせない費用を納めても収支がマイナスにならないこと

  ・不測の事態が発生しても、お金に困らない程度の貯蓄の維持

 

・無職になったあとにやりたいことがあるのか

  ・ただ、ゲームやアニメ等の趣味だけでぐーたら生活がしたいのか

  ・目標も何もない状態で無職になる意味があるのか

 

・無職になったあとにうまくいかなかった場合の社会復帰計画

  ・人脈、技術、スキルレベルの維持や新規習得など

 

 

まず、一番の課題は金銭面だ。

どうやって無職で金を稼ぐか。

アルバイト等の他人のために時間を割くことや

違法行為はもちろん除外。

 

今回は主に金銭面に関する「生活基盤を固める方法」を掘り下げて書いていく。

 

まず、簡単だが、以下のようなことが思い浮かんだ。

 

・ブロガー もしくは WEBサイト運営

・Youtuber

スマホアプリ開発

・宝くじ

・ギャンブル 

・投資

 

※ 陳腐な発想しか出なくて申し訳ない。

 

■ブロガー

やはり憧れたのはブロガーだ。

好きなことをして、それを記事にするだけで収入を得ることができるという

何とも理想的な生活だ。

 

しかし、簡単ではないことは知っている。

若いころからブログは幾度となくチャレンジしているが、

続いた試しがないし、ネタがない。文章力がない。書く時間がない。

あと、思っている以上に稼げるものではない。

あくまで趣味と合わせてお小遣い程度に稼げれば良しと言ったところなので

メインの収入としては考えていない。

 

■Youtuber

まさにアメリカンドリームという感じだが、

自分のコミュ力のなさ、語彙力、ユーモアのなさ

声バレ顔バレのリスクを考えると

仕事しているうちは選択肢に入らなかった。

 

無職になった後はチャレンジしてみたい事の一つではあるが、

安定収入になるかは辞める前に試してみないと分からないため、

現時点では選択肢から除外した。

 

スマホアプリ開発

これは、大儲けできる可能性もあり、健全でとても良い選択肢だ。

しかし残念ながら、IT系の会社で勤めているからといって

全員プログラミング出来るわけではないのである。

 

全く書けないわけではないのだが、

自分のスキルレベルだとコーディングに時間が掛かりすぎてしまうので

ひとまず手をつけないことにした。

とはいえ、無職になったあとにチャレンジする。

このあたりはいずれ記事にしたいと思う。

ほぼ初心者プログラマーな記事になるので恥ずかしいが。

 

■宝くじ

働きながらでも、苦労せず手を出せる。

当たってしまえば大金が手に入る。

 

結局、一番最初に手を出したのがこれだ。

 

2年弱程度、毎週3000円 toto BIGを購入した。

言わずもがな結果は惨敗。当たり前だ。

 

人生甘くなかった。痛感した。

毎週月曜日が発表日。 週初めから鬱になる。

 

今ではすっぱり辞められたが、

6億円という大金の誘惑は麻薬と同じで辞められなくなる。

 

毎日6億当たった時の妄想をして、

月曜日に鬱になっての繰り返し。

当初は仕事をする気力も相当削られ、

生きている気がしない毎日だったことを覚えている。

 

今だから言えるが、宝くじなんてものは絶対に手を出すべきではない。

 

■ギャンブル

パチンコ、パチスロ、競馬、競輪、競艇 など。

普通の人であれば、即除外するだろう。

 

でも、これについては、

知識や実力で結果は左右する。

力がある人はトータルで勝つことができる。

仕事だって同じだ。

 

完全ランダムな宝くじとは違う。(ランダムではないものもあるが)

 

しっかり勉強すれば勝てるし、生活できる。

別に悪い選択肢ではない。

 

ごめんなさい。

 

ギャンブルは嫌いではないが

気持ち的にこれで生活したいとは思えなかったので除外です。

 

■投資

株やFX、マンション投資などいくつか方法はあるが、多額の資金が必要になる。

 

初期の計画時点では、貯金も対してなかったので除外していた。

 

ただ、現在はこれが一番安定的に収入を得られるようになり、

無職を決断するきっかけになった。

 

では、投資できるだけの資金をどうやって集めたか。

 

これは単純で情けない話なので、参考になるものではないのだが、

10年働いていれば、投資できるレベルの資金は勝手に溜まっていたらしい。

 

「財形貯蓄」という形で。

 

完全に盲点だった。意外なところに資金が落ちていた。

 

それに気づいたのが約1年前。

すぐに財形貯蓄を解約し、

最低限だが手元に投資できるレベルの資金を手に入れることができた。

 

そこから証券会社と契約して投資を開始するわけだが....

これも簡単な話ではなく、早速痛い目にあった。

 

今では勉強しつつコツも掴んできたので

結果的にはうまくいっているが、

軽い気持ちで手を出すものではない。

 

投資についての具体的な話はいずれ書こうと思うが、

多少年収は下がることになるとしても、

比較的安定した収入を得ることに成功した。

 

もちろん投資はリスクが付きまとうものなので、

毎日の情報収集や経済の勉強は欠かせないが、

無職になったあとは、勉強時間も増やせるので、

更に安定的、かつ、高収入を目指していけるのではないかと思う。

 

その資金を元手に、好きなことをして、それを仕事に繋げていく。

 

最後はざっくりと言ってしまったが、簡単に言えばこんな計画だ。

 

とはいえ、投資は失敗する可能性も十分あるので、

1年間のチャレンジと決めている。

情けないが、ダメならまた普通の社会人に戻る予定だ。

 

31歳  (まもなく)無職な中年チェリーボーイ。

人生を掛けた戦いの一年になっていくだろう。

 

本当に楽しみで仕方がない。

無職になることの決意。

無職になりたい理由 = リアルの充実

 

前回の記事ではそのように書いた。

自分で言うのもなんだが、正直なんだそれという感じなので

少しだけ掘り下げて書いていこうと思う。

 

リアルの充実とはなんだろうか。

何をもってリアルが充実したといえるだろうか。

 

彼女とデート? 友人との交遊? 趣味の没頭?

 

充実感なんてものは、人それぞれだし、正直なんでもいい。

もしかしたら全部かもしれないし、

他人が否定するような奇抜な考え方を持っている人もいるだろう。

 

自分にとっても、どれも当てはまるし、

他にも充実する要素は多々あるかと思うので

具体的にコレというのは現時点は正直答えを出せない。

 

しかし、リアルの充実に関して一つだけ明確にしていることはある。

 

好きなことを仕事にすること = リアルの充実

 

※ちなみに、前回の記事を読み返すと、どうも自分が

「拙者、働きたくないでござる」感が滲み出ていたので訂正するが、

決して仕事をすること自体がイヤなわけではない。

 

今の仕事も楽しいし、職場環境も恵まれている。

傍から見れば充実しているように見える。

 

しかし、今の仕事が好きなわけではない。

 

そのため、リアルが充実していると感じられない状況に陥っているわけであり、

今後の自分の人生を考え直したかった。

 

 

では、自分の好きなことを仕事にする場合、何が良いだろうか。

就寝前や、通勤時間によく考える。

 

アニメやゲームなどの趣味の延長線か、

はたまた、小さい頃の夢を今から追い求めてみるか。

 

実はまだ決まっていない。

でも自分が納得のいく結論を出したいと思っている。

 

だから、今よりももっと自由な時間を増やして

リアルが充実したと胸を張れるような

「好き」といえる仕事を見つけたい、

色々チャレンジしていきたいというのが、

今回の無職になる理由である。

 

これだけ見ると

完全にただの夢見がちな甘い考えの中肉中背のチェリーな中年男である。

 

しかし、ただの夢にならないための計画も

今のところは順調に進行しているので、

自分の考えは間違えてなかったと、いずれは証明したい。

 

 

ちなみに、この記事を見ている人は

「仕事しながらでも色々チャレンジをすれば良いじゃないか」

と思うのかもしれない。

 

前回の記事にも書いたように、

趣味によるストレスの発散する時間が必要なことに加え、

今の仕事を疎かにしないためにも、

日々、ITの技術に関する最新情報の収集、検証、

資格勉強などやることは大量にあるのが現実だ。

 

そんな中、好きなことを見つけるために色々チャレンジするほど

自分は器用な人間ではなかった。

 

二兎を追う者は一兎をも得ず

 

上に書いたことわざの如く、

過去、苦い経験をしてきたからこそ、

今回ばかりは無職になってでも

自由な時間を作り、

今後の一生に関わる「好きな仕事」をしっかりと見つけたいと考えている。

 

 

さて次回は、無職になるまでの計画について書いていこうと思う。

もうすぐ無職になる。希望しかない。

初めてブログを書くのだが、

いきなりどうしようもないタイトルですまない。

 

IT系の会社に勤めており、まもなく11年目に突入する。

仕事は楽しく、職場環境も充実、給料もそれほど悪くなく、

評価も決して悪くはない(はず)。

 

しかし、以前から会社をやめて無職になりたかった。

 

簡単に言えば、「自由な時間」が欲しかった。

 

仕事が終わって家に帰ってきても、2~3時間しか自分の時間がない。

暇つぶしのゲームかアニメだけで時間が潰れていった。

 

別にゲームやアニメが悪いわけではない。

むしろ好きなので出来れば続けていきたい。

 

しかし、日々それに時間が費やされていくと虚しさが残る。

リアルが充実していない感覚になる。

 

会社の同期や地元の友人は次々と結婚していき、

子供ができ、幸せそうな生活を送っている。

 

同じ立場の人なら共感してくれるだろうが、

このような状況になってくると、人見知りでチェリーボーイな私は

真っ暗な未来しか見えてこなくなってくるのだ。

 

現状を打開する方法を考えた。

 

リアルを充実させるにはどうすべきか。

自分の時間を有効活用するにはどうすべきか。

 

もう、アニメ、ゲームを辞めるしかない。

 

空いた2~3時間を将来のための勉強や

飲み会などのコミュニケーションに使えばいい。

 

正直、耐えられない。

 

自分で言うのもなんだが、

私はあまりストレスが多い人間ではない。

それはアニメやゲームでストレスをうまく発散出来ているからだと思っている。

 

辞めたらストレス発散の場もなく、

仕事も徐々につまらなくなるのが容易に想像できる。

 

甘えるなと言われるかもしれない。

他にもいくらでも面白いことがあるよ、

人とのコミュニケーションだって面白いよと言われるかもしれない。

 

でも年齢も30を超えて、今さら好きなこと、

嫌いなことを変えることは簡単ではないでしょう。

 

では、アニメ、ゲームを続けつつ、

仕事以外のリアルが充実出来る事を行うにはどうすればいいか。

 

「仕事を辞めて自由な時間を作る」 

 

きっと他にも方法はあるだろうが、

自分にとってはこれがシンプルで納得のいく結論だった。

 

もちろん無計画に無職になるわけではない。

収入がなくなれば 自由な時間があっても他に何もできなくなる。

 

無職になるにあたって、

どういう準備をして、今後どうしていくのか

このブログで語っていきたいと思う。

 

今のところ、計画は問題なく進行している。

 

私はもうすぐ無職になる。

未来は、希望しかないのだ。