無職男の冒険譚

無職な中年男が人生を変えようと奮闘する日記

無職な中年チェリヲの初体験記 カプセルホテル編

初体験記といっても、人生における色々な出来事の初体験の記録でございます。

チェリヲな私は、人生経験において、多くのことが未経験ですが、無職になった今こそ、多くのことを初体験できるチャンスなのです。

 

 

さて、そんな話は置いといて、先日、広島旅行に行きまして、その際に行った初体験は、「カプセルホテルに宿泊する」ことでした。

 

まぁ、広島旅行という時点で、中国地方や四国に初上陸したという初体験もありますが、地域まで入れてしまうとほぼ初体験だらけになってしまうので、行動系の初体験に限定していきたいと思います。

 

カプセルホテルのイメージ

 

カプセルホテルといえば、どんなイメージがあるでしょうか。

私の場合は、宿泊する以前は以下の印象でした。

 

  • 安いけど、狭くて詰めこまれている。
  • 漫画喫茶と変わらないのでは?
  • むしろ漫喫のほうが安いし漫画も読めるしいいじゃん。
  • 隣人のイビキがうるさくて寝れないのでは?

 

と、ざっくりでしたがあまり良い印象はありませんでした。

 

とはいえ、実際に経験してみないと分からないことも多いので、実際に初体験してみましょう。

 

今回、広島で一泊だったのですが、直近まで宿も決めていたかったので、今回はカプセルホテルに宿泊してみることにしました。

 

宿泊地

 

今回、宿泊したのが、広島の「カプセルホテルCUBE」。

広島駅から徒歩15分くらいの場所にあります。

広島電鉄であれば、銀山駅のすぐ近くです。

 

www.hiroshima-cube.com

 

外からの印象は、ちょっと雑居ビル感があって不穏な感じでしたが、中に入ってみたらしっかりした受付があって、ちゃんとしたホテルっぽくなっていました。

 

今回宿泊したのが、スタンダードキャビン。いわゆるカプセルホテルのイメージそのままな感じです。

 

こんな感じで2段のカプセルが多数並んでいます。この中の一室に宿泊します。

f:id:lock-a:20170927193404j:plain

部屋の中はこんな感じ。本当に寝るだけの場所ですね。

f:id:lock-a:20170927193606j:plain

 

泊まってみた感想

結論から言います。

 

寝るだけなら結構あり!!

 

ここから良かった点と悪かった点をまとめていきます。

ちなみにこの辺はホテル次第だと思うので、今回はほぼCUBEのレビューになってしまうかも。

 

 

良かった点

やはり安い

 今回、直近で予約したのもあり、ほぼ通常料金の3,000円。

それでも普通のビジネスホテル等に比べて半額程度。もっと早めに予約すれば1,500円程度で泊まれるプランもあったようなので、やはり値段はかなり強みでしょう。

アメニティ、寝間着もしっかり付いています。

効率的なシステムや設備

チェックインだけは受付で済ませる必要があるが、チェックアウトや外出などは受付に寄る必要が全くありません。なので、深夜に街を徘徊しても問題なしですね!

また、シャワー室なども個室で5個程度あり、混んでいなければ他人を気にせずいつでも利用可能ですが浴槽はありません。

 

カプセル内はそこまで狭くない

普通に座っても頭が天井に付かない程度にはスペースがあるため、そんなに狭さを感じませんでした。座りながら本くらいなら読めそうです。

 

清潔感

満喫と違うのはここかなと思います。

個室もしっかりと清掃され、洗濯されたシーツもしっかり敷いてあるので、内容はビジネスホテルとさほど変わりません。

 

それなりに意識が高い

ここも満喫と違う点かなと思います。

みなホテルに宿泊していて、他の人に迷惑をかけないようにする意識がある人が多いのでしょう。

満喫だと喋っている人がいたり、音漏れしまくっている人がいたり、他人への配慮の意識が低い人が多いですが、ホテルということで皆がちゃんと気を使っているのがわかります。

 

 

悪かった点

他人の音はやはり気になる

みな音に対しては意識してくれていそうですが、行き来や室内のガサガサ音などは、結構聞こえてしまいます。

今回はイビキがうるさい人がいなかったので良かったのですが、状況によっては結構しんどい可能性はありそうです。

このあたりは、普通のビジネスホテルに劣ってしまう点でしょう。

 

まとめ

ちょっと気になる点もありますが、金額面と清潔感のメリットを考えると結構ありかと思います。しかし、音などの問題で他人に睡眠を邪魔されたくないひとは、普通のビジネスホテル等に泊まるのが良いでしょう。

あと、そんなに疲れてなくて、音などまったく気にならない人なら、満喫やカラオケとかでも良いのかもしれないですね。

 

疲れているけど、お金をそんなにかけたくないし、それなりにちゃんとしたところで寝たい人向けでしょうか。なかなか痒いところに手が届く感じで良いですね。

 

個人的には今後もカプセルホテルは使っていくのもありかなと思っていますが、疲れてなければぶっちゃけ漫喫でもいいかなって気持ちもあります。

 

状況によって使い分けはできそうなので、宿泊地の一つの選択肢として幅を広げることが出来たので良い経験となりました。

 

みなさんもぜひ一度はカプセルホテルをお試しあれ~。

 

無職な中年チェリヲは、原爆ドームにいく。

広島観光 3日目です。

 

広島観光の記録

スケジュール

blog.lock-a.com

 

1日目

blog.lock-a.com

 

2日目

blog.lock-a.com

 

 

3日目のメイン企画

 

さて、ここのところ北朝鮮の核兵器の問題が話題になっていますね。

広島といえば、原爆を落とされた都市でもあります。

 

偶然か運命かは分かりませんが、広島に来たからには行かねばなりません。

あの「原爆ドーム」に。

 

 

広島の第一印象

 2日目の夜にもちょっと時間があったので街中をプラプラしてきました。

その時の印象ですが、

 

大都市じゃねーか!!

東京と対して変わらん!

 

って感じでした。

 

結構地方都市のイメージがあったんですよね。でも来てみたらビルだらけでした。

東京と違う点は、路面電車中心の街という印象ですね。個人的には結構好きです。

 

繁華街は路面電車沿いな感じでした。とはいえ、広範囲をぶらぶらしたわけではないので、少し歩いただけの感想です。

f:id:lock-a:20170927200957j:plain

 

広島東洋カープ優勝の宴

どこもかしこもカープ優勝で大盛り上がりです。

優勝セールなんてどの店でもやってましたね。ドンキホーテですら。

 

まさかのカープ専用路面電車。応援歌を大音量で流しながら街中を走ってます。

観光に来ていた他の球団のファンは複雑な心境でしょうね。きっと。

f:id:lock-a:20170927201111j:plain

ビル一面カープ色。

f:id:lock-a:20170927202649j:plain

お土産までカープ。

ちなみにこれはジャイアンツファンへのお土産です。あえてこれにする勇気。

まぁ、ただの嫌がらせです(笑

f:id:lock-a:20170927204133j:plain

 

原爆ドーム

周りの会話を聞いて、広島弁を堪能しつつ、ぶらぶらと徒歩で原爆ドームまでやってまいりました。

 

昨日のしまなみの大雨はなんだったのかと思うような快晴でございます。

雨男な友人が東京に帰ったからかな(笑

f:id:lock-a:20170927201009j:plain

原爆ドームを残すために結構補強されています。f:id:lock-a:20170927201023j:plain

原爆ドームのまわりを散策。

f:id:lock-a:20170927201134j:plain

ちょっと雲が出はじめてしまいました。

f:id:lock-a:20170927201146j:plain

川沿いの景色。

f:id:lock-a:20170927201204j:plain

橋。

f:id:lock-a:20170927201217j:plain

近い位置から撮った写真。いい感じ。

f:id:lock-a:20170927201259j:plain

 

鳥が止まってます。

f:id:lock-a:20170927201346j:plain

別角度から。

f:id:lock-a:20170927201357j:plain

遠目から。

f:id:lock-a:20170927201409j:plain

戦争を体験していない世代にとっては、貴重な場所ですね。

これから同じことが起きる可能性がある世の中なので、しっかりと胸に刻んでおきます。

平和記念公園

テレビとかで見てた平和記念公園のイメージが、原爆ドーム付近では感じられなかったのですが、少し歩いたらイメージ通りの場所につきました。

f:id:lock-a:20170927201432j:plain

まさにこれがテレビ等で見てきたイメージですね。

f:id:lock-a:20170927201456j:plain

花がお供えされています。

f:id:lock-a:20170927201508j:plain

原爆の怖さをするためには、この広島平和記念資料館は欠かせません。

本館は工事中だったみたいですね。

f:id:lock-a:20170927201521j:plain

チケット。入場料は200円。

f:id:lock-a:20170927201534j:plain

資料館の中の写真は撮っていませんが、原爆(核兵器)の知識、原爆が落ちる前、落ちた後の生活の変化、復興への道のり、被害者の遺物の展示などがあります。

 

被害者の遺物については、説明書きもあり、それを読んで泣いていた方もいたので、精神的にぐさっとくるようなものもたくさんあります。

 

これからも戦争が起きないでほしいと心から願います。

かなり怪しい状況になってはいますがね。。。

 

お好み村

さて、悲惨な展示をみたあとではありますが、腹は減るものなので、昼食にします。

 

広島といえば、お好み焼きでしょう!

広島のお好み焼きといえば、生地が薄くて、キャベツが多めで、ソバかウドンが入っている大阪とは少し違ったお好み焼きです。

 

ということで、お好み焼き屋が集まる「お好み村」に行ってまいりました。

f:id:lock-a:20170927201549j:plain

広島では結構有名らしい「八昌(はっしょう)」に入ります。

ここは完全入れ替え制らしいので、入るまで結構時間がかかりました。

f:id:lock-a:20170927201624j:plain

スペシャル(イカ入り)、ソバ + もちチーズ。

その後、広島に詳しい友人に聞いたところ、うどんがベストらしかったとのこと。

ミスった!!

f:id:lock-a:20170927201613j:plain

 ちなみにサイズがクソでかいので、食べるのがけっこう大変です。

とはいえ、キャベツが多いので、結構あっさり食べれます。

美味かったー。

 

広島城

さて、次の観光名所は広島城でございます。

 

これは広島城跡のお堀ですね。

建物は、戦争で焼け落ちてしまったようなので、復刻版らしいです。

f:id:lock-a:20170927201647j:plain

f:id:lock-a:20170927201711j:plain

入り口。

f:id:lock-a:20170927201728j:plain

橋の上から。

f:id:lock-a:20170927201740j:plain

f:id:lock-a:20170927201752j:plain

入り口付近の建物は中を無料で見学できます。

木と畳の匂いがして、とても落ち着きます。

f:id:lock-a:20170927201818j:plain

模型的な。

f:id:lock-a:20170927201830j:plain

f:id:lock-a:20170927201847j:plain

大太鼓的な。

f:id:lock-a:20170927201910j:plain

f:id:lock-a:20170927201922j:plain

堀には(最近流行りの)外来生物の錦鯉。

f:id:lock-a:20170927201944j:plain

f:id:lock-a:20170927201957j:plain

中の神社では結婚式をしていました。

f:id:lock-a:20170927202009j:plain

f:id:lock-a:20170927202022j:plain

f:id:lock-a:20170927202035j:plain

城の周り。

f:id:lock-a:20170927202055j:plain

楽しそうやねきみ。

f:id:lock-a:20170927202111j:plain

 

城の裏のいい雰囲気の場所。

f:id:lock-a:20170927202156j:plain

こういう緑に囲まれた場所は好き。

f:id:lock-a:20170927202221j:plain

f:id:lock-a:20170927202249j:plain

城の裏から。

f:id:lock-a:20170927202314j:plain

表から。

f:id:lock-a:20170927202326j:plain

城の中は展示場になっており、かなり近代化されています。

レプリカなので仕方ないね。

入場料は370円。

f:id:lock-a:20170927202338j:plain

基本的には撮影不可ですが、一部OKなので、そこだけ撮りました。

f:id:lock-a:20170927202354j:plain

広島城の上から撮った風景。

f:id:lock-a:20170927202405j:plain

f:id:lock-a:20170927202420j:plain

f:id:lock-a:20170927202433j:plain

広島城の近くで美味そうなソフトクリームが売ってたので食べました。抹茶と馬。

f:id:lock-a:20170927202444j:plain

 

ひとりでぶらり

広島城で友人と解散したので、ここからは少しの間だけ一人旅です。

 

観音像。

f:id:lock-a:20170927202509j:plain

 

広島美術館。

ちなみに、ここは中にはいったので、別記事で書こうと思います。

f:id:lock-a:20170927202542j:plain

 

かなりでかいショッピングモール。本当に都会である。

f:id:lock-a:20170927202631j:plain

 

ずっと路面電車に乗ってなかったので、広島駅まで路面電車で帰ることにしました。

f:id:lock-a:20170927202713j:plain

結構ワクワクします。

f:id:lock-a:20170927202739j:plain

広島最後の飯。

せっかくなので、ここはやっぱり牡蠣でしょう!

 

本当は牡蠣小屋とか行きたかったけど、時間がなかったのと、まだ牡蠣の旬の時期でもなかったので、駅ビル内のレストランにて。

 

www.kanawa.co.jp

 

f:id:lock-a:20170927202804j:plain

牡蠣の土手鍋。

f:id:lock-a:20170927202816j:plain

 

そんなこんなで広島旅行も無事楽しく終えることができました。

しまなみ海道以外は、天気も良かったので、観光自体は最高に楽しめました。

 

次はもう少しゆっくり尾道観光や呉(大和ミュージアム的なとこ)としまなみリベンジをしたいと思います。

 

ありがとう、広島!

また絶対に来ます!!

無職な中年チェリヲは、チャリで行く。 in しまなみ海道

広島旅行の2日目。

今回がメイン企画の「自転車でしまなみ海道を完走!」です。

 

結果から言いましょう。

 

惨敗でした!!

 

いや、ちゃんと完走はしたんですよ。

何が惨敗かって、天気です。大雨です。まじで僕は悲しいです。

 

惨敗とは言え、走りきったので、一応ブログにはまとめておきます。

 

広島観光の記録

スケジュール

blog.lock-a.com

 

1日目

blog.lock-a.com

 

 

尾道 → 今治

 

朝6時半頃に起床しまして、ONOMICHI U2で朝食を食べます。

写真を撮り忘れましたが、サラダとパンはビュッフェスタイルで、卵料理だけオーダーします。通常料金は1,500円らしいです。結構リッチですな。

 

抹茶とホワイトチョコのパンがめちゃうまでした。あとクロワッサン食いまくりました。

 

まとめている記事があったので、共有しておきます。

 

[ONOMICHI U2]モーニングビュッフェ | kuu-log

 

 

さて、朝食も済ませて、出発の準備もできました。

さらば、ONOMICHI U2!

f:id:lock-a:20170927171539j:plain

 

ホテルを出た後は、レンタサイクルに寄ります。これは事前に予約済みでした。

 

しまなみ海道付近はいくつかレンタサイクルできる箇所があります。

一番良いのは、ジャイアントストアですかね。ちょっと高いです。

 

私たちは乗り捨てが可能な、以下のレンタサイクルにて借りました。

 

レンタサイクル料金・ターミナル情報 | サイクリング | SHIMAP しまなみ海道観光マップ

 

一日1,000円で、乗り捨ての場合は、+1,000円です。

みな、クロスバイクをレンタル!

f:id:lock-a:20170927170748j:plain

 

さて、尾道から出発します。

最初だけ船に乗って対岸の向島(むかいしま)に渡ります。

 

この時点では、まだ雨は降っていなかったですが、天気予報は雨マークで、すでに不穏な雰囲気です。

f:id:lock-a:20170927170736j:plain

f:id:lock-a:20170927170721j:plain

 

船からの景色。乗っている時間は5分くらい。

自転車はそのまま乗せることができます。

f:id:lock-a:20170927170900j:plain

 

さて、ここから今治まで自転車で走っていきます。

 

しまなみ海道はブルーラインに添って走ります。

http://www.go-shimanami.jp/download/cycling/cycling.pdf

 

以下のサイトにも載っているように、道に青いラインが書かれているので、道に迷わず走ることができます。

train-cycling.com

 

 

走りはじめて10分位で雨がポツポツ降ってきました。ぐぬぬ。。

 

最初に見えてきた大きな橋。向島から因島(いんのしま)を渡す因島大橋。

この橋を渡るのですが、ここから上り坂になります。

あまり自転車に乗り慣れてない人は結構しんどいかもしれないですが、自転車のコースは坂がゆるやかになっているので、慣れている人なら平気かもしれません。

f:id:lock-a:20170927170913j:plain

天気がよろしくない(涙

f:id:lock-a:20170927170924j:plain

レンタルしたチャリと一緒に。

f:id:lock-a:20170927170936j:plain

 

因島大橋は、道路の下を走ります。

f:id:lock-a:20170927170950j:plain

橋からの風景。天気が良ければ最高だったんだろうなぁ。

f:id:lock-a:20170927171003j:plain

 

因島に入り、しばらく走ると海岸沿いにどこでもドアがあります。

しまなみビーチの一角。

www.ononavi.jp

f:id:lock-a:20170927171026j:plain

 

二次元に繋がってればいいのに。

f:id:lock-a:20170927171108j:plain

 

しばらく走ると生口島(いくちじま)に渡る、生口橋が見えます。

f:id:lock-a:20170927171133j:plain

ここも渡ります。

ちなみに橋を渡るたびに結構登ります。

f:id:lock-a:20170927171145j:plain

 

生口島には、結構有名らしいジェラート屋「ドルチェ」があります。

candeo-times.com

 

ここで、頼んだのが、みかんとレモン味。

だったはずが、みかんとメロンになってました。俺の滑舌がきっと悪かったのだろう。仕方がない。

f:id:lock-a:20170927171159j:plain

ただ、雨に打たれて、かなり寒い中で食べたので、正直食べきるのが大変でした。

ご当地の果物を使ったジェラートなので、味はもちろん美味しいのですが、やっぱり暖かいときに食べたいよね。

 

さて、ひと休憩したので、次の島に向かいます。

次は大三島(おおみしま)です。これは多々羅大橋(のはず)

f:id:lock-a:20170927171212j:plain

天気良くないね。

f:id:lock-a:20170927171224j:plain

さぁ、ここから登りです。地面を見るとわかりますが、びしょびしょです。

クロスバイクも泥除けがついてないので、背中とバックがドロドロです。

f:id:lock-a:20170927171253j:plain

 

多々羅大橋を渡り、大三島上陸しました。

橋のすぐそばに道の駅「多々羅しまなみ公園」があります。

www.imabari-shimanami.jp

 

ここで昼食タイム!

幻の高級魚「マハタ」をいただきます。

 

マハタ握り御膳 1,850円。

f:id:lock-a:20170927171306j:plain

マハタは身がぷりぷりで結構噛みごたえがあります。

味はあまり細かく覚えてないけど、美味かった(適当

外に生け簀があったので、おそらく超新鮮だと思われます。

 

www.imabari-shimanami.jp

 

この道の駅にはサイクリストの聖地なるものがあります。

f:id:lock-a:20170927171418j:plain

f:id:lock-a:20170927171404j:plain

天気が良ければ最高だっただろうなぁ。

f:id:lock-a:20170927171319j:plain

 

一風変わったサイクルスタンド。

f:id:lock-a:20170927171431j:plain

 

さて、雨の中、頑張って走ります。

次に向かうのは伯方島(はかたじま)です。

「伯方の塩」で有名なところですね。

 

が、みな雨の中必死に走っていたので、写真がありません。

大三島橋というところを渡りました。

 

 

伯方島では、途中で雨がひどくなったので、道の駅「博多S・Cパーク」というところで休憩です。

しかし、一緒に来ていた友人2名が、16時過ぎのバスで尾道に戻らなければならないため、多少の雨でも出発せねばなりません。

 

ということで、次が最後の橋「伯方大島大橋」を渡り、四国に上陸します。

ここらが結構上りが多く、最後の難関になっています。

一緒にいった友人たちは疲れ切っていました。

f:id:lock-a:20170927171457j:plain

 

橋を抜け、四国に初上陸しました。

今治までは国道沿いを走るので、結構交通量が多く危険です。

 

今治到着!

駅前、食べるところとかほとんどない!ショック!

f:id:lock-a:20170927171509j:plain

 

まとめ

ということで、悪天候の中、約90kmの道のりを走ってきました。

体力的には全然余裕だったのですが、いい景色が見れなかったことと雨で靴をバッグがグシャグシャになってしまったのが悔やまれます。

 

本当に道や景色は本当にいい(はず)なので、来年、リベンジするぞ!と皆で誓いあったのでした。

 

3日目に続く。

無職な中年チェリヲは、宮島(厳島神社)にいく。

広島観光 1日目の記録。

 

blog.lock-a.com

 

上のブログでも書いたとおり、一日目は、徹夜カラオケの影響でぐったりです。

若くもないのに何やってんだかって感じですよね。私もそう思います。

 

さて、ぐったりしながらも京急線の始発で羽田空港に向かいます。

 

ここから写真です。

 

羽田空港 から 広島空港へ

羽田空港は、まだ朝の6時半くらいでしょうか。

うっすらと朝日の跡が残ってる感じです。

f:id:lock-a:20170925131415j:plain

ANAの飛行機に搭乗しました。

いつもは飛行機にのるときは結構ワクワクするのに、寝不足のせいで早く寝たい欲求しかありません。

 

機内にいた時間は1時間半くらいでしょうか。ぐっすりで、何も覚えていませんが、無事に広島空港に着いたようです。

 

快晴ですね!!

f:id:lock-a:20170925131403j:plain

別角度からもパシャリ。

f:id:lock-a:20170925131351j:plain

 

広島空港 → 宮島

ここから広島駅までバスで移動しました。

到着した広島駅の新幹線口付近。素晴らしい天気です。

f:id:lock-a:20170925131339j:plain

 

広島駅から宮島口までは、JR山陽本線で向かいました。

電車にカープのマークが付いてますね。

 

あとで気づいたのですが、路面電車も宮島口行きがあったのですね。

時間がかかりそうですが、そっちのほうが面白かったかも?

f:id:lock-a:20170925131327j:plain

 

宮島口駅に到着!

f:id:lock-a:20170925131229j:plain

素晴らしい天気。観光日和ですね。

f:id:lock-a:20170925131317j:plain

なんかのオブジェ?

f:id:lock-a:20170925131241j:plain

 

時間的には11時ごろ。

ここで有名な「うえの あなごめし」を食べました。

www.anagomeshi.com

 

運良くすぐ座れましたが、かなり有名店らしいので、もう少し時間が遅かったらめちゃ並んだかも。

f:id:lock-a:20170925131200j:plain

あなごめしの上です。

他にもランク的に並と特上がありますが、あなごの量が違うだけらしいです。

 

たれは濃すぎず、あなごの香ばしさが引き立ちます。

身も柔らかくて骨も気になりません。贅沢で大人な味わいでした。

f:id:lock-a:20170925131305j:plain

 

こちらはあなごの白焼き。

まさに酒のツマミって感じです。単品ならタレより白焼きのほうが好きかも。

わさびでいただきました。

f:id:lock-a:20170925131253j:plain

 

 

さて、食事も済んだので、宮島へ向かいます。

 

宮島口から宮島港行きのフェリーは二箇所ありました。

JRと松大汽船。

 

観光の人は、厳島神社に近いルートを通るJRがおすすめらしいです。

pleasure-luck.com

 

こちらは松大汽船。

f:id:lock-a:20170925131149j:plain

こっちがJR。

f:id:lock-a:20170925131137j:plain

ということで、JR側で乗ります。

ちなみに、Suicaは使えないようなので、関東民は要注意です。切符を買いましょう。

片道180円とかなり安く、乗る時間も10分程度。

f:id:lock-a:20170925131114j:plain

船乗り場の入り口から見える宮島。距離的にはめっちゃ近いです。

泳いでも渡れそうな感じです。泳ぎません。

f:id:lock-a:20170925131058j:plain

これが乗った船のみやじま丸。

f:id:lock-a:20170925131045j:plain

向こうに見えるのが松大汽船かな。

f:id:lock-a:20170925131033j:plain

船からの景色。最高ですね。

f:id:lock-a:20170925131021j:plain

f:id:lock-a:20170925130938j:plain

遠くに厳島神社の鳥居が見えてきました。

f:id:lock-a:20170925130949j:plain

拡大。

f:id:lock-a:20170925130915j:plain

f:id:lock-a:20170925130853j:plain

f:id:lock-a:20170925130826j:plain

まもなく宮島に到着です。

f:id:lock-a:20170925130811j:plain

宮島 上陸しました。歓迎してくれてますね。

f:id:lock-a:20170925130746j:plain

 

宮島観光

 

宮島桟橋の船乗り場。

f:id:lock-a:20170925130734j:plain

ちょっと左からいやんな雲。

f:id:lock-a:20170925130723j:plain

宮島には鹿が結構住んでいるようです。可愛い。

f:id:lock-a:20170925130710j:plain

青と緑のコラボレーション。

f:id:lock-a:20170925130658j:plain

f:id:lock-a:20170925130646j:plain

あなごめしが食いたい鹿ちゃん。

f:id:lock-a:20170925130631j:plain

f:id:lock-a:20170925130618j:plain

宮島のお土産街みたいなところ。

もみじ饅頭、牡蠣、杓子(杓文字)あたりが有名なようです。

f:id:lock-a:20170925130554j:plain

f:id:lock-a:20170925130528j:plain

巨大な杓子。

f:id:lock-a:20170925130517j:plain

友人にオススメされた、揚げもみじ

もみじ饅頭を揚げたやつですね。

f:id:lock-a:20170925130439j:plain

あんことチーズ。めちゃうま!!おすすめです。

f:id:lock-a:20170925130427j:plain

揚げもみじの店の奥にあった、平のあげもみ公。

f:id:lock-a:20170925130338j:plain

 

厳島神社の入り口の鳥居かな。

f:id:lock-a:20170925130258j:plain

そこから見た向かい側。

f:id:lock-a:20170925130243j:plain

厳島神社の鳥居。

f:id:lock-a:20170925130232j:plain

五重塔に向かうと思われる階段。時間と体力がなかったので行ってないです。

f:id:lock-a:20170925130206j:plain

 

せっかくなので、船で厳島神社の鳥居に近づきます。乗船中~。

f:id:lock-a:20170925130143j:plain

大人800円で15分位のコースです。

船は満潮時しか出せないらしく、この日最後の運行だったらしいです。

ラッキーでした。

f:id:lock-a:20170925130050j:plain

おじさんが厳島神社や鳥居について説明してくれます。

船は、まぁまぁ揺れますね。みんな笠を被っていい雰囲気です。

f:id:lock-a:20170925130036j:plain

近づいてきました。

f:id:lock-a:20170925130021j:plain

真横です。

f:id:lock-a:20170925130007j:plain

正面から見た鳥居。でけー。

f:id:lock-a:20170925125929j:plain

f:id:lock-a:20170925125918j:plain

f:id:lock-a:20170925125907j:plain

逆側から、見ると結構雲が出ちゃってますね。f:id:lock-a:20170925125817j:plain

向こうに見えるは、神社の本殿。もう、水は引いちゃってます。

f:id:lock-a:20170925125759j:plain

 

鳥居の真下から。

f:id:lock-a:20170925125707j:plain

このあたりで記念撮影もしてくれます。

顔をあまり載せたくないので割愛します!

f:id:lock-a:20170925125631j:plain

 

さぁ、船から降りまして、本殿に向かいましょう。

f:id:lock-a:20170925125604j:plain

狛犬さんかっけーっす。

f:id:lock-a:20170925125616j:plain

こいつがボスっぽい風格がありました。角が立派です。

f:id:lock-a:20170925125551j:plain

本殿入り口あたり。

f:id:lock-a:20170925125539j:plain

ここで拝観料を払って入ります。

f:id:lock-a:20170925125526j:plain

もう水が引いちゃってました。残念。

f:id:lock-a:20170925125513j:plain

f:id:lock-a:20170925125500j:plain

鏡の池。ここから真水が出ているようです。

f:id:lock-a:20170925125445j:plain

f:id:lock-a:20170925125419j:plain

こんな感じで写真を取ってますが、おっさんたちはカニ探しに夢中です。

f:id:lock-a:20170925125349j:plain

f:id:lock-a:20170925125337j:plain

f:id:lock-a:20170925125311j:plain

平日でこれだけ人がいるので、休日だとギュウギュウ詰めになりそうですね。。。

f:id:lock-a:20170925125258j:plain

f:id:lock-a:20170925125245j:plain

f:id:lock-a:20170925125222j:plain

本殿から見る鳥居。このときには鳥居も水が引いてます。

f:id:lock-a:20170925125234j:plain

五重塔が遠くに見えます。

f:id:lock-a:20170925125152j:plain

さて、無職ライフの今後を占うおみくじ。

結果は、向吉(むこうきち)。読む限りは結構良さげなことばかり書いてありますね。

f:id:lock-a:20170925125140j:plain

縁談は「よし」らしいです。ということで、こんな無職な中年チェリヲでよければ誰か拾ってやってください。

nanikatotameninaru.com

 

昔の建物によくみる橋。

f:id:lock-a:20170925125114j:plain

角度が急すぎて登れるのかと疑ってしまう。f:id:lock-a:20170925125031j:plain

なんか花の慶次にこんな舞台があったような。

f:id:lock-a:20170925125054j:plain

厳島神社を出まして、まわりを散策します。

この雰囲気、めっちゃ好きです。

f:id:lock-a:20170925125006j:plain

f:id:lock-a:20170925124954j:plain

なんかの巨木。説明をちゃんと読んでない。。

f:id:lock-a:20170925124927j:plain

ここから宮島水族館まで歩いていきます。その間にもいい感じの場所が多くて写真撮りまくりです。

f:id:lock-a:20170925124859j:plain

f:id:lock-a:20170925124847j:plain

f:id:lock-a:20170925124834j:plain

 

宮島水族館(みやじマリン)

 

宮島水族館に入ります。入り口の写真撮り忘れたー orz

www.miyajima-aqua.jp

 

牡蠣の養殖の様子とか、広島らしい。

f:id:lock-a:20170925124739j:plain

最初の方は、亀とかカエルとか、ちょっと不穏な雰囲気を感じる。。

f:id:lock-a:20170925124725j:plain

f:id:lock-a:20170925124713j:plain

でも途中からちゃんと魚もたくさん見れました。

魚ってなんかイカツイ顔が多い気がする。

f:id:lock-a:20170925124701j:plain

f:id:lock-a:20170925124650j:plain

f:id:lock-a:20170925124616j:plain

かわいい。

f:id:lock-a:20170925124553j:plain

f:id:lock-a:20170925124542j:plain

タチウオって結構いろんな水族館で展示してるんだね。

f:id:lock-a:20170925124525j:plain

マナティーだったかな?

f:id:lock-a:20170925124514j:plain

f:id:lock-a:20170925124451j:plain

ライトアップされたクラゲは綺麗でした。

f:id:lock-a:20170925124425j:plain

ウツボの親子?

f:id:lock-a:20170925124359j:plain

大あくびをする魚。エラのところって完全に貫通してるんだなぁ。

f:id:lock-a:20170925124334j:plain

f:id:lock-a:20170925124319j:plain

f:id:lock-a:20170925124307j:plain

f:id:lock-a:20170925124218j:plain

f:id:lock-a:20170925124205j:plain

f:id:lock-a:20170925124154j:plain

f:id:lock-a:20170925124143j:plain

f:id:lock-a:20170925124131j:plain

あざらしの餌やり。

f:id:lock-a:20170925124055j:plain

目がくりっとして可愛い。

f:id:lock-a:20170925124044j:plain

f:id:lock-a:20170925124032j:plain

f:id:lock-a:20170925124016j:plain

手のひらサイズなら飼いたい可愛さ。

f:id:lock-a:20170925124005j:plain

f:id:lock-a:20170925123952j:plain

 

さて、水族館からの帰り道。すっかり、水も引いたようで、鳥居まで歩いて入れるようになりました。

f:id:lock-a:20170925123929j:plain

真下まで歩いていきます。

f:id:lock-a:20170925123917j:plain

こうやって人が近くにいると、大きさがよくわかりますね。

f:id:lock-a:20170925123906j:plain

 

ということで、宮島観光はここまで。

翌日には、しまなみ海道を自転車で走るのでゆっくり休息する必要があります。

 

宮島 → 尾道

宮島から尾道までは、JRで向かいます。おおよそ2時間のコース。電車に乗りっぱなしですね。

徹カラで寝不足な私たちは導入ぐっすり睡眠をとるのでした。

 

尾道駅に到着後は、まずは夕食。

尾道といえば、これです。

「尾道ラーメン」

 

尾道あたりは観光がメインだからか、店が閉まる時間がかなり早く、ここくらいしか空いてませんでした。

 

ベッチャー

まあまあ有名店ではあるみたい。

f:id:lock-a:20170925123745j:plain

基本的には醤油ベースで、背脂でコッテリ感を出しています。

磯のりが味を引き立てていて、30過ぎのおっさんには丁度いい優しい味でした。

麺もしっかり中麺でコシがあります。

f:id:lock-a:20170925123756j:plain

 

ご飯を食べた後は、宿泊地「ONOMICHI U2」へ。

ここもサイクリスト憧れの宿屋です。自転車を部屋の仲間で持ち込みできます。

 

www.onomichi-u2.com

倉庫を改良して作ったようなホテルで、中が超おしゃれ。

f:id:lock-a:20170925123841j:plain

入るとこんな感じ。

右にジャイアントストア。左がお土産とか服屋かな。

ちょっと進むとレストランがあります。

f:id:lock-a:20170925144109j:plain

ここが宿泊する方。おっしゃれー。f:id:lock-a:20170925123818j:plain

 

部屋の中もおしゃれですが、シャワートイレが丸見えです!

カーテンもありますが、外側からなので、覗けます。やったぜ。f:id:lock-a:20170925123807j:plain

 

そんなこんなで、寝不足な私たちは、ホテルを楽しむ間もなく眠りにつくのでした。

1日目、天気もよく、最高な一日となりました。

 

次の記事へ続く。

 

無職な中年チェリヲは、広島にいく。

9/21-23 に、広島に行ってまいりました。

目的は、自転車でしまなみ海道を走ること!

 

サイクリストにとっては、しまなみ海道は憧れのコースですよね。

無職になったので、今のうちに行かなきゃということです。

f:id:lock-a:20170925122806j:plain

 

ざっくりスケジュール

9/21(木) 宮島観光 (厳島神社)

9/22(金) しまなみ海道 自転車で走る

9/23(土) 広島観光 (原爆ドーム等)

 

初めての中国地方 アンド 四国上陸です。

 

現地の人から見れば、ものすごいタイムロスなスケジュールですよね。自分もあとから気づきました。

 

広島と尾道を行ったり来たり、時間がかなり無駄な感じです。

 まぁ、細かいことは気にしないで行きましょう。

 

具体的なスケジュール

仕事してたときのチャリ仲間、合計5人でしまなみ海道にいきました。

 

9/20(水)

  1. 羽田近くの友人宅に一泊のつもりが...
  2. 徹夜でカラオケ。思いの外面白くて睡眠は0。バカジャネーノw

9/21(木)

  1. みんなでぐったりしながら、羽田空港へ。
  2. 羽田から広島空港へ。みな仮眠をとる
  3. 広島駅までバスで移動。
  4. JRで宮島口へ
  5. 厳島神社
  6. 宮島水族館
  7. JRで尾道へ
  8. ONOMICHI U2 で一泊

9/22(金)

  1. レンタサイクルを借りる
  2. 尾道から今治に向けてGo!
  3. 自転車はブルーラインに沿って走る
  4. 今治で温泉(銭湯)
  5. 解散。3日目は自由行動
  6. 今治から広島へ高速バスで移動
  7. カプセルホテルに宿泊

9/23(土)

  1. 原爆ドーム
  2. 平和記念公園
  3. お好み村で昼食
  4. ひろしま美術館
  5. お土産
  6. 深夜バスで広島から新宿へ

 

 

こんな感じで、とても満喫できた広島旅行でした。

一日ごとの写真や具体的な行動については、次の記事で書いていきます。

 

広島観光の記録

1日目

blog.lock-a.com

 

2日目

blog.lock-a.com

 

 

無職な中年チェリヲは、学生時代の思い出的なCDを捨てる

CDやDVDに思い出が詰まっている人も多いかと思います。

私も学生時代に買ったCD、今も残っています。

もう10年以上前なんだね。おっさんは悲しいよ。

 

でもミニマリストじゃないですが、CDやDVDなんてものは、PCにデータで残しておけるので、コレクションしてる人じゃない限りは、物理的なディスクやケースは不要なんですよね。

 

しかし、なかなかもったいなくて売ったり捨てたりできないものです。

ですが、わたくしは無職になって、色々整理する時間もできたので、今回は過去の思い出的なものと決別して、きっちり捨ててしまいます。

 

売るのもありでしたが、CDケースが結構ボロボロなので、手間を考えると捨てるのが最善かなと。

 

今回捨てたCDたち

f:id:lock-a:20170919200149p:plain

私の学生時代、洋楽のロック系(主にメロディックパンク)にハマっておりまして、それ関連のCDを結構買っていたようです。

うーむ、懐かしい。

 

特に、Simple Plan、Yellowcard、New Found Glory、Bowling For Soup、Zebraheadが結構好きでした。まぁ、メジャーどころですけどね。

 

学生時代は週2くらいでカラオケに行って、よく洋楽を歌ってました。楽しかったなぁ。

その後、自分の歌を録音して聞いてみたところ、英語の発音が激しくイケてなかったので、恥ずかしくなってそれ以降歌ってません。苦い思い出です。

 

今でもカラオケは結構いきますが、もっぱらアニソンばかりですね。日本語の歌なら、ひどくない程度には歌えてます。時代はアニソンっすよ。

 

いずれ、カラオケにおすすめのアニソンとかまとめてみようかな。

 

そんなこんなで

とりあえず、全部 iTunesに取り込み、OneDriveでバックアップはしっかり取ったので、分別してゴミに出しました。

 

私の場合、CDに対しては、親友とか、恋の思い出的な要素が皆無だったので、比較的あっさり捨てることができました。どんだけ寂しい人生を送ってんだってね。

 

しかし、当初はコレクションとしても集めてたような気もするので、少し寂しいところはあります。涙は出ません。

 

まぁ、本棚もスッキリしたし、気持ちもさっぱりした気がするので、良しとしましょう。

無職な中年チェリヲは、VR PARK TOKYO に行ってきた。

先日、フリーランスのエンジニアな中年男な友人から遊びのお誘いがありました。彼もまた今は休業期間中らしく、無職とほぼおなじ状況です。

 

なので、平日の昼間から遊ぶことができるわけです。

素晴らしいですね。

 

さて、そんな中年男の二人組が遊ぶとしたら何があるでしょうか。

 

提案されたのは、まさかの動物園。さすがに中年男二人組では恥ずかしいので却下です。そういうデートスポット的なところは、せめて3人以上で。。。

 

そうするとスポーツとか、ビリヤード、ダーツとかそんな選択肢もありですが、いまいち非日常感がないので、色々検討していたところ、こんなものを発見しました。

 

VR PARK TOKYO

www.adores.jp

 

中年男二人組でも、まぁギリセーフかな・・・?

カップルと外人ばっかだったけども、まぁいいか。 

 

VR PARK TOKYOは渋谷にあります。

いやー、こんな若者たちの街に、働いてないおっさん二人組が歩いてたら職質受けるレベルなんじゃね? と思いつつも、行ってみます。

 

井の頭通り沿いのアドアーズの4Fにあります。

f:id:lock-a:20170907145658j:plain

90分遊び放題、総入れ替え制です。

事前予約すれば、ひとり2900円。

 

チケットを購入して、VR PARKのお姉さんから説明を受けます。

f:id:lock-a:20170907145643j:plain

基本的にはすべてVR機器+体感型機器 みたいな形で結構体を動かすアトラクションが多いのが特徴です。

 

 

体験記

 

まず体験したのは、このレースゲーム。

f:id:lock-a:20170907145711j:plain

前に画面が写ってますが、プレイする人はVRゴーグルをはめてます。

使うのはハンドルとアクセル、ブレーキのみです。

ギアもありますが、この体験では触らないみたいです。

f:id:lock-a:20170907145724j:plain

正直、かなり難しい。

車って全然曲がらないんだなぁ。マリオカートみたいにドリフトできればいいのにw

 

あと、シートが動くので、エンジン音や壁にぶつかったりした際の衝撃とかも、体感できます。VRの没入感を周辺機材で更にリアルに近づける感じですね。

 

 

次はこんな感じのシューティングゲーム型アトラクション。

f:id:lock-a:20170907145758j:plain

VRゴーグルと、コントローラをもってプレイします。

最初は、ビルのエレベーターで最上階に上がるシーン。

徐々に高いところに上がっていくのですが、このエレベーターの振動が結構リアルで、本当に高いところに上がっていくような感覚になります。

 

シューティングゲーム自体は、正直ちょっとしょぼい感じです。

最後に前方の橋を渡ります。これが、こんな感じの場所なので高所恐怖症の人は結構怖いかも。

 

gigazine.net

 

次にやったのが、野球ゲーム。

バッターがVRゴーグルをつけて、コントローラで球を打ちます。f:id:lock-a:20170907145932j:plain

ナイススイング。

f:id:lock-a:20170907150001j:plainf:id:lock-a:20170907150030j:plain

でも、これ二人組の場合、投手は超つまらないです。

投げる球種を選ぶだけ、投げる場所の指定もないので、まぁ戦略性もほとんどないんじゃないかな。投げる方もVRでプレイさせてくれればいいのになと思いました。

 

次はこれ、FPS+VR+自分で走るやつ。

f:id:lock-a:20170907150042j:plain

 

確かこれと同じやつかな

www.youtube.com

 

傍から見てると動きが面白すぎて超笑える。

逆に見られたくないレベル。

実際にやってみると、自分で本当に走ったり、後ろ向いたりしないといけないので、結構大変だけど面白い!

 

FPSだと横歩きができるけど、これはちょっとやりにくかったかな。正しい方法があるのかもだけど。

 

個人的にはもう少し操作性がよくなったら、家にほしいレベル。

これでFalloutやりたい!

www.youtube.com

 

 

次に体験したのは、こちら。

VR+フィットネス。

f:id:lock-a:20170907145822j:plain

フィットネスという名前だけあって、かなりしんどい!

VRゴーグルをつけて、この機器に乗ります。

そのまま、水中の輪っかをくぐっていくゲームなのですが、重心を安定させないとうまく輪っかをくぐれません。

重心安定させるのも、結構筋力が必要なので、本当にフィットネスでした。

 

友人は一個もくぐれなかったようです。運動しろ(笑

 

 

最後に体験したのは、奥に見える呪いのVR。(近くの写真撮り忘れ)

f:id:lock-a:20170907145643j:plain

 

これ、ホラー初心者にもおすすめですとのことでしたが、ビビリな私は結構しんどかった。。

海外のFPSゲーとかで多少はグロイのは慣れていましたが、無抵抗状態でオバケみたいなのが迫ってくるとさすがにきつかったです。

 

まとめ

こんな感じで合計6つほど体験できました。

あと3~4個はアトラクションがありましたが、待ち時間も結構長いので全部は回れませんでした。残念。

 

でも、魔法のジュウタン+RPGなVRゲームは、若い女の子たちがキャーキャー言ってて面白そうでした。一緒にやりたいぜちくしょう。

 

 

世の中にVRという言葉は結構浸透してきたと思いますが、まだ未体験の人も多いと思います。さらに、体感型アトラクションとなると没入感も高いので、新鮮な体験になると思います。

 

一応、人数制限があるので、ある程度の数は回れると思いますが、平日の午前中とかであれば人も少なそうなので、もしかしたら全部回れるかもしれません。

 

今回は男二人でしたが、デートとかにもおすすめですね。現にカップルばっかりで僕は悲しかったです。

 

 でも男同士でもなかなか楽しめたので、興味がある人はぜひ行ってみてはいかがでしょうか。