読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無職な中年チェリーボーイ

中年チェリーボーイが無職になって人生を変えようと奮闘する日記

無職な中年チェリー男の 「20の教訓」

プライベートや仕事をおいて、うまくいかなかったり、後悔することはよくあるだろう。

 

そういった過去32年間の苦い経験を踏まえ、これは重要!治すべき! と思ったものを「教訓」として毎日声に出して読むことにしている。

 

f:id:lock-a:20170510011129j:plain

 

1. シンプル

私が一番重要視していること。

1つ1つの物事をシンプルに考えて組み立てる。

結果のコミットをシンプルにする。

 

簡単そうだが、実はかなり難しい。

 

以下は個人的に仕事の仕方を大きく変えるほど衝撃的だった書籍。

 


2. 明るく前向き笑顔

一緒にいたい人はどんな人だろうか。

明るい人、いつも前向きな人、笑顔がステキな人。

 

自分の理想のタイプだ。

つまり、相手に求めるなら自分もそうでなければならない。

 


3. 後悔しない

人生一度きり。

だらだら毎日変わらない日々を過ごして何が楽しいだろう。

 

私は後悔だらけだ。

チェリーボーイという結果にも現れている。

 

32年間、無駄に過ごしてきた時間の方が多い。

そろそろ人生もUターンする頃だろう。

せめて残り30-40年は後悔のない有意義な時間を過ごせるように努力しなければならない。

 


4. テキパキ動く

私はどうもマイペースだ。

さっさと終わる仕事や作業も長い時間かけて行っている。

 

作業速度を向上すれば一日あたり2時間程度は工数削減できるのではなかろうか。

 

どうすればテキパキ動けるだろう。

まだ試行錯誤している。

 


5. 1桁上を目指す

何事にも金が掛かる。

たくさんのことを経験をするには、恐ろしく金は掛かるだろう。

金はあればあるだけいい。

普通に働いていると、基本収入は7桁止まりになる可能性も高い。

普通ではない経験をするには、普通以上の金が必要だ。

つまり、8桁以上。願わくは9桁を目指したい。

 


6. ハードモードを選択

人生においてイージー/ノーマル/ハード のモードがあればどれを求めるだろうか。

現時点の私は、迷わずイージーモードを選ぶ。

そして、人間の大半はイージーモードを選択するだろう。

 

つまり、イージーモードの選択=普通である。

 

ハードな道ほど普通ではない。

辛いかもしれないが、普通ではなく楽しく有意義な人生を送りたいのであれば、時にはハードモードの選択が必要だ。

 


7. 面倒臭くない

「面倒くさい」

この言葉はまさに私の人生の縮図である。

 

すべて面倒くさいの一言で片づけてきた。

だから今のどうしようもない自分が出来上がってしまった。

 

これは私にとって一番治さなければならない病気なのだ。

 

8. 我慢する

欲望のままに生きるのは悪いことではない。

それが人生にとって意味のある壮大な欲望(夢)であれば、の話だが。

 

私は、目の前のちいさな欲望に目がくらみ、我慢できない。

 

特に3大欲望は私は全く我慢できずいつも失敗する。

 

 

「我慢」は乗り越えなければならない試練だ。

 

9. 先読み

仕事、投資、流行、何でも先読みして対策しておかないと、後程大きな失敗や後悔につながる。

 

どのジャンルにおいても、先読みはお金に繋がりやすい。

この先読みの力は鍛えておいて損はない。


10. 自信をもつ

自信がない人ほど、行動できない。

あとで後悔する。

自信のない人ほど頼りない。頼られない。

自信がないことは損なことしかない。


11. 文句を言わない

文句を言うことは、一時的にストレス発散になるかもしれない。

でも聞く方は気持ちの良いものではない。

 

文句など誰でも言える。

文句をいうよりも問題の対策を考えて提示すべきだ。


12. シングルタスク

私はとにかくひとつのことに集中できない人間だ。

本当に病気なのではないかと疑うほど集中力が散漫する。

 

洗濯物を干している途中で、別の事をやりだして洗濯物を放置する。

資料作成中にメールが気になってちょいちょい見てしまう。

ブログ書いていたのに気づいたらアニメを見ている。

 

こんな毎日だ。

 

シングルタスクを心がけることで、集中力問題は改善できると信じている。


13. 勝負

金を稼ぐにも、仕事の効率をあげるにも、「やる気」がないと行動できない。

やる気を出すために手っ取り早いのが「勝負」をすること。

結果は数値化して、誰とでも競えるようにしておくべきだ。

 

勝負こそモチベーションを上げるための一番重要なことだろう。


14. 正しい姿勢

健康と見た目の改善として。

猫背は周りの印象も良くないだろう。

 

気を抜くと忘れているので、普段から意識しておく必要がある。


15. やり抜く

最近追加した重要な教訓。

面倒くさいが口癖な私は、何事も最後まで「やりきる」ことが出来ていなかった。

人生の成功者はやりきる力を持っている。

 

以下の書籍が、退職を決断するひとつのきっかけになった。

 

16. バカになる

頭が悪いという意味でない。

常識に囚われていると行動が制限されるという意味だ。

 

時には常識を否定して行動してみる。

時には何も考えず行動してみる。

 

すると今まで見えなかった新しい世界が見えるかもしれない。

 

かなり昔に何かの書籍で読んで教訓としたけど、コレだったかな。

少しあいまいだけれど。 


17. 失敗して良い

失敗は成功のもと。

たくさん失敗して学ぶ。

失敗は恐れない。

 

ただし、失敗だけして原因や改善策を考えないと意味はなし。


18. 自分を好きになる

人に好かれたいなら、まずは自分自身が好きと思える人間になる必要がある。

多少はナルシストになるべきだ。

謙虚さは大切だが、ただイイ人で終わる。

 

例えば合コンで女子から、

「えー、絶対彼女いるでしょ~。」

なんてことを言われたとして、

謙虚を自称している、自分が好きではないどこかの無職中年チェリー男は

「いえいえ、私なんてモテないので・・・」

と返してしまう。

 

女子は9割がた、本気で「彼女いるでしょ?」なんて思っていない。

話のつなぎとして言ってくれているだけだ。

※ただイケ

 

自信のない謙虚さは会話もダメにしてしまう。

 

さて、自分が好きな人の正解例をあげたかったが、私はまだスキル不足のようだ。

 


19. 目的を持つ

何をするにも目的は必要だ。

だらだら何も考えずアニメ見たりゲームするだけでは、ただの時間の浪費でしかならない。

例えば、アニメであれば、ブログにレビュー記事を書いて収益に繋げるという目的があるだけで見方も変わるし時間の浪費にはならない。

 

決めた目的もWhyで掘り下げていく。

 

アニメを見る

 → ブログにレビューを載せて収益を上げたい

  → なぜ収益をあげたいのか

  → どの程度の収益を目標とするのか

   → なぜその金額が目標値なのか

 

最近は仕事やプライベートで、この教訓を重視して行動するようにしている。

 


20. 即行動

すぐ行動できる。

後回しにしない。

 

これができる人は世の中にどれだけいるのだろうか。

 

これが出来る人が成功する。

頼りになる。人望がある。

 

周りを見てても、凄いと思える人は即行動を実践している。

 

この教訓は憧れでもあり、これから独り立ちしていくために必須の要素だ。

 

ーーーーーーーーー

 

このように20ほど、教訓を作っている。

なかなか実践は難しいが、毎日声に出して読むことで一日教訓を意識して行動することができるようになる。

 

教訓を読むだけなら1分も掛からず、手軽にできる。

 

よければ、自分専用の教訓を考えて、毎朝1分声に出して読んでみてはいかがだろうか。

もしかしたら、1年後には新しい自分に出会えるかもしれない。