無職男の冒険譚

無職な中年男が人生を変えようと奮闘する日記

無職な中年チェリヲは、学生時代の思い出的なCDを捨てる

CDやDVDに思い出が詰まっている人も多いかと思います。

私も学生時代に買ったCD、今も残っています。

もう10年以上前なんだね。おっさんは悲しいよ。

 

でもミニマリストじゃないですが、CDやDVDなんてものは、PCにデータで残しておけるので、コレクションしてる人じゃない限りは、物理的なディスクやケースは不要なんですよね。

 

しかし、なかなかもったいなくて売ったり捨てたりできないものです。

ですが、わたくしは無職になって、色々整理する時間もできたので、今回は過去の思い出的なものと決別して、きっちり捨ててしまいます。

 

売るのもありでしたが、CDケースが結構ボロボロなので、手間を考えると捨てるのが最善かなと。

 

今回捨てたCDたち

f:id:lock-a:20170919200149p:plain

私の学生時代、洋楽のロック系(主にメロディックパンク)にハマっておりまして、それ関連のCDを結構買っていたようです。

うーむ、懐かしい。

 

特に、Simple Plan、Yellowcard、New Found Glory、Bowling For Soup、Zebraheadが結構好きでした。まぁ、メジャーどころですけどね。

 

学生時代は週2くらいでカラオケに行って、よく洋楽を歌ってました。楽しかったなぁ。

その後、自分の歌を録音して聞いてみたところ、英語の発音が激しくイケてなかったので、恥ずかしくなってそれ以降歌ってません。苦い思い出です。

 

今でもカラオケは結構いきますが、もっぱらアニソンばかりですね。日本語の歌なら、ひどくない程度には歌えてます。時代はアニソンっすよ。

 

いずれ、カラオケにおすすめのアニソンとかまとめてみようかな。

 

そんなこんなで

とりあえず、全部 iTunesに取り込み、OneDriveでバックアップはしっかり取ったので、分別してゴミに出しました。

 

私の場合、CDに対しては、親友とか、恋の思い出的な要素が皆無だったので、比較的あっさり捨てることができました。どんだけ寂しい人生を送ってんだってね。

 

しかし、当初はコレクションとしても集めてたような気もするので、少し寂しいところはあります。涙は出ません。

 

まぁ、本棚もスッキリしたし、気持ちもさっぱりした気がするので、良しとしましょう。