無職な中年男:人生の冒険譚

無職な中年男が人生を変えようと奮闘する日記

無職な中年チェリヲが自分勝手にレビューしちゃう Part.6 ~平太周 味庵~

30過ぎると、だんだんコッテリなラーメンはきつくなってくるのですが、たまーに無性に食べたくもなってしまうんですよね。

 

コッテリなラーメンといえば、以前に「背脂チャッチャ系」が結構流行りましたが、それの頂点と言ってもいいであろう、こちらの店に食べに行ってきました。

チャリで3時間かけて!

 

平太周 味庵

f:id:lock-a:20171008213201j:plain

こちらは五反田と大崎の間くらい、山手通り沿いにあります。

 

いつもは結構並んでますが、今日はラッキーなことにあまり並んでませんでした。

 

まぁ、まずはこいつを見てくれ。

アブラぎとぎとだろう。これでも脂の量が普通なんだぜ。

というか、むしろ少なめに見えた。友人のは表面が真っ白だったし。

f:id:lock-a:20171008213334j:plain

評価

S

(S>A>B>C)

 

 

いや、これね、めちゃ上手いんですよ。ほんとに。

 

  • 脂がギトギトに見えるけど、そんなにいやな感じじゃない。
  • 麺もスープを入れる前に背脂と醤油ベースのタレで和えていて、めちゃ味が染みててアブラが絡めっている感じ。
  • スープのベースはおそらく豚骨醤油と背脂。
  • 味はちょっと濃い目なので、ライスをつけると良いかも。
  • なかなかこういったラーメンは無いと思うので、かなりユニークな部類。
  • 翌日胃もたれする可能性は高い。

 

 

 

ただ、この店の凄いのは普通のラーメンではなく、油そば。

「瀑盛油脂麺」

 

ちょっと写真がなかったのでこちらのブログのリンクにて。

lineblog.me

 

 

これは、以前に会社帰りに食べにいったのですが、さすがに胃もたれするくらいやばいアブラの量でした。

名前にあぶらが2回も書かれてるってことはそういうもんです。

ラーメンに少なめのスープが入っていて、それの9割がアブラといっても過言ではないってくらいです。

 

 

本当にこの店は定期的に食べに行きたくなってしまいます。

また来月くらいにチャリで行こうかな!

 

みなさんもぜひお試しあれ~。